ウェブログ

functions.phpに記載する項目


WordPressサイトを制作する際の機能の追加は、基本的に以下の2通りに分かれます。

1. プラグインを利用
2. テンプレートファイルである「functions.php」ファイルに記載する

1の場合は「プラグインで運用したほうが簡単」「テーマ変更の際に左右されない」というメリットがあり、
一方で2では「余計なプラグインをインストールしなくていい」というメリットがあります。

どちらもメリット・デメリットがあるためどちらを選択するかは制作の際に予め決めておくことが必要となります。
WordPressサイト制作の際のfunctions.phpに記載する項目をまとめました。

有効度が高いもの

  • WPのバージョンやrel=“shortlink”、RSDなど勝手に表示される不必要な読込を非表示
  • 非ログイン状態でのREST API エンドポイントを無効に namespaces で 例外を追加(例えばcontactform7の場合など)
  • WPのjqueryは使わないでCDNを読み込む(ただし管理画面はWP側のjqueryをinclude) ※ローカルで動かない場合の変更方法も明記
  • cssとjsを「wp_enqueue_scripts」「enqueue_style_script」にて読込 ※キャッシュ対策として更新日時のパラメータを付与
  • WordPress4.2から利用可能になった絵文字を読込むscriptとstyleを無効化
  • 管理画面の固定ページのみビジュアルエディタ表示を無効
  • 固定ページのみ自動的に付与されるpタグやbrタグを無効
  • 管理画面にオリジナルのSEOセッティングができるフィールドを追加(Title, Keywords, Description, noindex)
  • 管理者以外の管理画面の見せ方をカスタマイズ
  • スラッグ名が日本語だったら自動的にid付与する

必要に応じて有効にするもの

  • カスタムメニューの利用と登録
  • 親ページをIDで指定する条件分岐
  • body_classにオリジナルのclassを追加
  • 画像サイズ追加&管理画面から選べるようにカスタム
  • アイキャッチ画像の利用とサイズ追加
  • カテゴリーページにおいて、一番目の画像を取得する関数を生成
  • 管理画面の記事投稿において、テキストエディタに見出しショートカットを作成
  • ページネーション
  • パンくずリスト
  • スマートフォンからのアクセスを振り分け(タブレットも含めていい場合はwp_is_mobileで代替する)
  • Contact From 7 にメールアドレス確認を追加
  • phpファイルを読み込むショートコード
  • ニュースカテゴリー(news)を読み込むショートコード
  • カスタム投稿のパーマリンクをIDにする

※上記は参考であり、プラグイン利用を選択する場合もあり、また内容は随時変更されます

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり