ウェブログ

自動で読み込まれる絵文字を読込むscriptとstyleを無効化する



WordPress4.2からは絵文字(emoji)が利用可能になりました。

こんな感じの絵文字が使えます。かわいいですね。

しかし商用利用やコーポレートサイト等での絵文字はあまり使うケースが見当たらないというのが正直なところ。
吐き出されるコードを確認すると、headタグに15行強のコードがあり、ソースを綺麗にしておきたく、今回はこれを非表示にするコードをご紹介します。

有効と無効でこんなに違う

有効にしているとき(4.2以降はデフォルト)と無効にした状態のソースコードを見比べてみましょう。

まずはデフォルトの状態で絵文字が有効になっているとき

枠で囲った部分がemoji機能有効によるstyleやscriptの読み込み等の箇所です。

続いて、絵文字機能を無効にした場合です。

かなりスッキリしました!
headタグのボリュームが大きく減り、bodyタグが32行目付近から始まっているのがわかると思います。

サンプルコード

絵文字を無効にするコードです。

上記のコードをfunctions.phpの任意の場所に記載します。
万が一に備え、バックアップを忘れないように取っておいて下さい。

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり