管理画面の特定の固定ページのみビジュアルエディタ表示を無効にし、テキストエディタだけ有効にする | ハイファイブクリエイト

high five create(ハイファイブクリエイト) トップページ

ウェブログ

管理画面の特定の固定ページのみビジュアルエディタ表示を無効にし、テキストエディタだけ有効にする


固定ページにおいて、複雑なHTMLタグを利用して管理画面内から更新したページがあるとします。
その場合、固定ページ内の「ビジュアル」「テキスト」というエディタの切り替えをするとpタグやspanタグが削除されたり、予期せぬ改行が入りpタグが追加されたりします。
これはWordPressのテンプレートタグであるwpautopによる挙動です。

これは便利な関数なのですが、予期せぬ場合は非常にやっかいな関数となり、間違えて切り替えボタンを押してしまった場合やクライアント側がビジュアルエディタでの更新を行っており崩れが起きることがままあります。

その際に「固定ページ全体ではなく、特定の固定ページだけ無効にしたい!」という要望を叶えるコードをご紹介します。

サンプルコード

解説

どのIDを該当させるかは、下記の”post=1″となっている数字の箇所を任意のIDに変更させてください。

IDの確認方法

IDを確認するには、管理画面で該当のページを開いた状態でURLのpost=◯◯の部分となります。

新規追加の場合、まだIDが確定していないため一旦保存してからIDを確定させます。

wpautopは非常に便利なんですが、クライアントワークでは無い方が良かったりと思うことも・・・
難しいところです。

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり