既存ホームページのCMS化

現在のデザインと同じで更新部分だけをカンタンに更新できるようにシステムを組み込みます。外注に依頼するコストが削減でき、さらに世界中で使われている豊富な機能を実装できます。

ホームページ更新は外注する必要ありません

1. 外注による更新の手間

現在のサイトにある「新着情報」や「プレスリリース」を外注に依頼すると、外注費はかかる、更新までの時間が費やされ、やりとりも煩雑、その上思ったような仕上がりではない等など…自社で管理更新できれば楽なのは明白です。

2. ウェブ担当者をわざわざ雇うほど量がない

しかし、そのためだけにウェブ担当者を雇って、ホームページの管理更新を任せるのはナンセンスです。
他に、社員の誰かがHTML, CSSを覚えたとしても、その方が退社したら…悩みはつきません。

自社の情報は自社で管理

CMS化によりいつでもホームページが更新できる

「新しい情報を流したい」「新しい製品が完成したので発表したい」「スタッフブログを作りたい」等、更新系のコンテンツがサイトにあるとユーザーもサイトに訪れたときに「新しい情報はあるかな?」と探します。
情報は鮮度が命です。発信したいときすぐに発信できる環境を構築することによって、ブログを書くようにカンタンに情報を発信することができます。

現在のサイトデザインはそのまま

デザインを変えずにホームページをCMS化

中身の構造を変えるだけで、サイトの見た目やデザインは変える必要はありません。
更新情報部分は1記事が独立したページになるよう設定し、1つページを作成すると1枚サイトのページが増える仕組みです。とはいえ、トップページの見た目が変わったり表示できなくなる部分が出てくるということは基本的にはありません。

世界で使われてる人気の無償システム「Wordpress」

1. 導入するシステムは世界中で使われている「Wordpress」(ワードプレス)

これはCMS(コンテンツ管理システム)というシステムで、独自の管理画面からログインし、ブログ記事を書くように新着情報や新製品の情報が発信できます。システムを普段使っているサーバに組み込むので、インターネットがあれば世界中どこからでも自社サイトの情報を更新できます。

2. SEOに強い

ユーザーを明確にしよりよいホームページリニューアルへ

一つ記事を作るとサイト内のファイル数が1つ増えます。そしてそれらが内部のリンクでつながっているため、記事を書けば書くほどファイル数・内部リンク数が増えサイトとしての価値が上昇します。
例えば外部サービスのブログを運用しているのとWordpressを組み込んで運用するのでは、全く意味合いが変わってきます。前者では運用している外部ブログサービスの価値は高まっても、自社サイトの価値は変わりません。
加えて、記事ごとにタイトルと中身に適したmeta構造に切り替えるので、狙ったキーワードで上位に表示されやすくなります。

3. 無料プラグインが豊富なのでプログラム設置が不要

Wordpress用のプラグインでホームページを強力に

WordPressは世界中のWordPressユーザーが公開しているプラグインが無数に存在します。これらを組み合わせてカスタマイズすることにより今まではプログラムを設置しないと実現できなかった機能が無料で実装できるようになりました。

4. 権限のカスタマイズが可能

例えば、記事の作成と編集ができるアカウントと、記事の作成のみしかできないアカウントにわけておけば、使う人によって権限を使い分けることができます。
記事の作成だけのアカウントは今まで作った公開記事の編集ができないため、改ざんや誤った削除などの事故から防げます。

5. 時系列に依存しないページも作成できます

Wordpressによるホームページ作成

例えば製品ページをCMS化させれば、いつでも追加・修正ができるようになります。 すると社内で製品ページの作成ができるようになるので、わざわざ高いお金を払って外注する必要がなくなります。 こういった記事は時系列に依存する必要はなく、逆に日付が表示されているとおかしいので、必要がないカテゴリーにはいわゆるブログのような形ではなく、一つのページのような見え方で制作することも可能です。

ホームページCMS化の流れ

以下は一般的なCMS化の一例です。内容により一部変更がある場合があります。

  1. どの内容をCMS化するか、目的等のヒアリング
  2. CMS適用後のサイトマップ説明
  3. ワイヤーフレーム(基本的なページの骨組み)
  4. デザイン ※不要な場合省略
  5. CMS組み込み
  6. 完成

CONTACTお問い合わせ / お見積もり