ウェブログ

お名前.com共用サーバーにローカルで作成したWordPressデータを扱う


wp_onamae
お名前.comサーバーは共用サーバーの場合phpmyadminがインストールされてないので若干注意が必要です。
phpmyadminがないとWordpressのデータベースを管理画面から扱うことができず、MySQLに直接アクセスしたいところですがお名前.comの共用サーバーではSSH接続できません。

・お名前.comサーバーからのSQLファイルのエクスポート
・ローカルからお名前.comサーバーへのインポート

かなり特殊な環境と思われる上記を解説します。

お名前.comサーバーからのSQLファイルのエクスポート

サーバー側からローカルにデータベースをエクスポートする方法です。バックアップを取ったりサイトの引っ越し、リニューアルをする際に必要です。

phpmyadminをインストールする

サポート外になりますが、お名前.comに自身でphpmyadminをインストール&設定して使用する方法です。
公式の説明もあるのですが、こちらのサイトがわかりやすかったです。

説明通りにすれば簡単にインストールできます。
phpmyadminにアクセスできればあとはデータベースをエクスポートするだけですね。

WordPressのプラグイン、BackWPup Freeを使う

phpmyadminを無事設定できても何故かアクセスできない減少に見舞われました。その場合、別の方法でということでこちらのプラグインを使ってデータベースのエクスポートを行います。

設定はほぼそのままでOKかと思います。バックアップする項目はデータベース、プラグイン、データベーステーブルが入っていればきっと問題ないハズです。(画像では一応ファイルバックアップにチェック)
backwpup_setting-7

エクスポートして出来上がったフォルダのなかにsqlという拡張子のファイルがあるはずです。
それをエディタで開き、URLを一括置換してローカルのphpmyadminでインポートすればローカル環境に再現できます。

ローカルからお名前.comサーバーへのインポート

今度は逆にローカル側のデータベースをお名前.comサーバーにインポートする方法です。実はこちらの方が簡単なんです。
なぜかというと、phpmyadminを使わなくてできてしまうから。

まずはローカルのphpmyadminを使ってエクスポートしsqlファイルを用意します。

そしてサーバへインポート。お名前.comの設定だと思いますがphpmyadminを使ってsqlファイルをインポートする際の制限ファイルサイズが2MB(!)しかないので、きっとほとんどのWPデータベースはインポートできないと思います。
圧縮して2MB以内に収まる場合はphpmyadminからインポートすればいいのですが、そうではない場合はBigDumpを使ってsqlファイルをアップロードします。

bigdumpという直接sqlファイルをインポートできるツールです。インストールはリンクをクリックします。
bigdump-4

bigdump.phpファイルの40行目あたりのデータベース項目を変更するだけです。

$db_server = ”; //サーバー名
$db_name = ”; //データベース名
$db_username = ”; //ユーザー名
$db_password = ”; //パスワード

FTPで任意の場所へアップし(通常はwordpressファイルがある場所と同じがいいでしょう)ブラウザからアクセス。bigdumpの画面にアクセスできます。

bigdump-2-2

ここからSQLファイルをアップロードすることもできるのですが、きっとエラーが出るのでFTPで同じ場所へアップロードします。アップできたら画面を再読込。SQLファイルが表示されているので、「Start Import」をクリックしてインポートします。

注意:もし読み込み時にエラーが出る場合は、phpmyadminのエクスポートの際に、「作成するクエリの最大長」1000〜2000くらいに調整しましょう。これでもダメなら他のエラー要因が考えられます。

query_num-4

まとめ

以上です。レンタルサーバーによっても色々と仕様が違ったりするので、WordPressを扱っているor扱いたいとお考えであればお名前.comよりもっと使いやすいサーバーをオススメします。エックスサーバーさくらインターネットロリポップなどは安価でデータベースが使えてphpmyadminも使えます。データベースの数などは比較するところですが、条件が揃えばお名前.comよりもかなり安く使えるのではないでしょうか。
データベースの制限が多いと簡単にやれることもできなくなったりしますからね。

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり