ウェブログ

毎年更新するイベントサイトのURL設定ベストプラクティス


こんな記事を発見しました。

Xmasイベントのように毎年開催するイベントには同じURLを使い続けるのがSEOに強い

毎年毎年定期的にやってくるイベントなどありますよね。そのサイト制作で、どういったURL構造が望ましいのかという答えがGoogleのジョン・ミューラー氏から述べられました。
※ジョン・ミューラー氏はGoogleのウェブマスタートレンドアナリストという肩書きの、SEOに詳しい人(たぶん)

結論。イベントには1つのURLを使い続け、イベントが終了したら別の場所へ移動

以下のようなイメージですね。

例:
・現在開催中の最新情報のイベント
http://highfivecreate.com/

・2015年のイベント
http://highfivecreate.com/2015/

・2014年のイベント
http://highfivecreate.com/2014/

フジロックが正解

ちなみに日本の2大夏フェス、サマーソニックとフジロックのURLを確認してみると・・・(2016/09/21現在)

・サマソニ
最新: http://www.summersonic.com/2016/
去年: http://www.summersonic.com/2015/

・フジロック
最新: http://www.fujirockfestival.com/
去年: http://www.fujirockfestival.com/15/

となっており、ジョン・ミューラー氏の教えに従うとフジロックが正解、ということですね。
サマソニは自動的に最新の年号のURLにリダイレクトされているようです。

海外SEOの鈴木さんのキャッチアップにはいつも敬服です。

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり