ウェブログ

別ドメインの外部URLからidやclassなど特定の箇所を抜き出しサイトに表示する方法


同じドメイン内であればjqueryのloadやajaxでいけますが、他サイト(別ドメイン)になるとできません。
そこでjqueryのjquery.xdomainajax.jsを使って外部URLのhtmlを取得する方法のTIPSです。

ファイル全部を読むこともできるし、idやclass名で一部分や特定の箇所だけ切り取って表示することも可能。
※一部のhttpsサイトでは取得できませんでした。(原因不明)

jquery.xdomainajax.jsをダウンロード

以下よりjquery.xdomainajax.jsをダウンロードします。
jquery.fn/cross-domain-ajax at master · padolsey/jquery.fn · GitHub
ダウンロードするのはjquery.xdomainajax.jsだけでOKです。
このファイルがないと別ドメインでのファイルを取得できません。

コード

とりあえず以下を全コピーしてhtmlファイルで保存してブラウザで確認してみましょう。
jsの場所は適宜変更してください。

URLを変えたり、中身を変えたり

適宜url:や取得するjquery部分を変えて扱います。

参考URL:
JavaScriptで外部サイトのファイルを取得するためのTips – NAVER まとめ

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり