ウェブログ

WooCommerceのカスタマイズ方法


海外でWordPressサイトでのECとして有名なプラグイン、WooCommerce。
カスタマイズは直にファイルを触ってしまうとアップデートの際に全て消えてしまうため、別ファイルに分けてカスタマイズします。
WordPressの親テーマと子テーマのイメージに近いかもしれません。

WooCommerceの場所を探してデータをコピー

wp-content → pluginsにwoocommerceというディレクトリがwoocommerceデータ一式です。
その中でカスタマイズしたいファイルを探します。
例えば商品ページのカテゴリーを表示している部分はmeta.phpというファイルに該当するので、このファイルをコピー。

複製先は現在のテーマファイルの中に新しくwoocommerce用のディレクトリを作成し、同じ環境を構築し複製します。

…言葉で説明すると難しいですね。
こんなイメージです。

Woocommerce custom

一点注意するのは、もともとwoocommerceにあった「templates」ディレクトリはいらない、というくらいですね。

これで思う存分カスタマイズができます。

全体をカスタムする場合は、woocommerce→templatesをコピーし、themesの現在のテーマディレクトリ内に複製し、templatesディレクトリの名前をwoocommerceに変更します。

参考元:
Template Structure + overriding templates via a theme | WooThemes Documentation

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり