ウェブログ

Googleアナリティクスのアカウント共有方法


Googleアナリティクスのアカウントを他の人と共有する仕方です。(2013/11/29現在)

Googleアナリティクスを開いてログイン

Google アナリティクス公式サイト – ウェブ解析とレポート機能 – Google アナリティクス

上記URLから、アナリティクスを運用しているGoogleアカウントでログインします。
ログイン後、図のように右にある「アナリティクス設定」というリンクをクリックします。そして共有するアカウントをプルダウンから選択しましょう。すでに選択されている場合はそのままでOK。

アナリティクス設定をクリック

ユーザー管理の設定

左にある、「アカウント」の中にある「ユーザー管理」をクリックします。
※複数のプロパティやビューを運用していて、個別にみせたい場合は該当するプロパティ内のユーザー管理、もしくはビュー内のユーザー管理を選択します
ユーザー管理をクリック

続いて設定をします。
「権限を付与するユーザー」という枠内にメールアドレスを入力。こちらはGmailアカウントだと間違いないです。
その右にあるボタンをクリックすると「どの程度まで権限を許すか」というのを決められます。ただ見るだけでよければデフォルトの「表示と分析」、ウェブマスターツールの関連付けなどの設定までできるようにするのであれば「編集」、ユーザ管理まで全て許すのであれば「ユーザー管理」と、それぞれ役割をクリックします。
権限付与設定

僕の場合、クライアントにアナリティクス設定をして頂いているときは「編集」まで権限をいただくとウェブマスターツールの設定などでき、どのようなキーワードでサイトに流入しているか、潜在キーワードはなにかというところまでみえます。

メールのチェックをつけるとラク

最後に、「このユーザーにメールで通知」のチェックボックスをオンにすると相手にGoogleがメールを送ってくれるので間違いなく確認ができます。

まとめ

Googleアナリティクスは無料で使えるサイト内部診断ツールとして最高に優れたツールです。
サイトリニューアルを考えているというときは製作を依頼する際、必ず見てもらいましょう。
「どういったキーワードでサイトに流入しているのか」「狙ったキーワードでユーザーは訪れているか」「どのページが一番最初に見られているか」「PCとモバイルの比率はどうか」などなど、見切れない情報がたくさんあります。

ちょっとずつでも見ていくと色々な発見があるので、是非使い慣れていってサイトを育てる有効なツールとして利用しましましょう。

この記事を書いた人

池田祐太郎

池田祐太郎

WordPress好きの池田です。Webの仕事の前はライブハウスでブッキングや音響をしてました。PHP, JavaScriptを自由に操りたいと思いつつ、つい訪れたサイトのソースコードを見てしまいます。


CONTACTお問い合わせ / お見積もり